《症例報告》肩、首、脊柱の調整で腰と大腿部の症状が改善された事例 |名古屋市天白区のそら整体院

50代 男性 会社員

主訴:左腰の痛み、左大腿部痺れとつっぱり感

 

概要

2ヶ月前に左腰周辺に痛みが出て、座っているだけでも痛い状態になり、歩行中に急に左大腿部に棒が入ったようなつっぱり感がでた。スポーツ時の痛みが強く出ていた為、今後もスポーツを続けられるか不安になり、怪我をしにくい体づくりをしたいと思い来院。

 

検査

可動域検査 腰の回旋に可動制限があり、股関節・膝・足首にかたさがある。症状は左に出ているが、特に右足の可動域の減少が目立つ。右短下肢になっていて、骨盤に歪みがある。

首と肩もかたさが出ていて、首の右回旋で痛みが生じる。

 

施術

1回目

足の関節のかたさで、足全体の特に大腿部に筋肉の張りが強く出ていたので、特にかたさが目立つ足首を中心に足の関節の調整と骨盤の調整を行う。

痛みは残るが腰や肩の可動域の改善が見られた。

スポーツを休むことはできないとのことだったので、バランスが変わり痛みが強くでる可能性があることと負担がかかると大きく状態が崩れることがあることを伝え、初回は終了。

2回目(2日後)

前回の治療から症状の改善はみられない。初回治療の翌日バレーボールをして、足首と、以前とは違う場所に痛みが出たが、翌日にはひいていたとのこと。

前回と同様の施術を行う。

3回目(8日後)

足の痛みはだいぶ楽になったが、楽になった分、右肩と首の痛みが気になるようになった。

肩の外転時に背中のハリを感じるとのことだったので脊柱の調整を行う。肩・首共に可動域の改善が見られた。足首と膝のかたさがまた出ていたので骨盤と下肢の調整をして終了。

4回目(6日後)

大腿部の張りはほとんど気にならなくなり、歩行時に左の臀部の一点だけが気になるようになった。首と肩の痛みは続いている。

左の股関節や膝の可動域が上がってきているが、右足はかたさが戻ってきていて肩と首もかたさが出ているので、前回と同様の施術を行う。

5回目(4日後)

しばらくは運動をしても症状が強くなることはなかったが、バレーボールとゴルフを数日続けてしたことで、久しぶりに強く痛みが出た。足の関節のかたさと張りが出ていて、肩・首のかたさもあり背中の張りが出ている。

施術を始めたばかりで体がまだ安定していない為、症状が改善してきていても負担がかかりすぎると状態が崩れることがあることを再度伝えて、前回と同様の施術を行う。

6回目(5日後)

痛みの出る頻度は減ったが、スポーツをすると症状が強く出る。

下肢の可動域のかたさと筋肉の張りも戻っていた。肩に関しては可動域に改善が見られる。

前回と同様の施術を行う。

7回目(5日後)

臀部の一点に痛みは出るが、その他の症状は大分無くなったとのこと。

スポーツをしても、気にはなるが強く痛みを感じることはない。

肩の可動域は大分改善されていて、下肢も右はかたさが出るが左は動きがついてきた。

前回と同様の施術を行い、特に症状が出やすい臀部のストレッチを入浴後に行ってもらうように伝え終了。

8回目(4日後)

施術前から肩は正常可動域まで上がっていて、左の下肢の動きも最初に比べて良くなっている。右は足首と膝は残るが股関節は少し改善が見られた。

症状を聞くと、左臀部の一点の痛みも頻度が減り、他の症状に関してはほとんど感じなくなったとのことだった。

前回と同様の施術を行い終了。

 

この後も同様の施術を続け、姿勢も改善してきている。

このまま施術を続けていけば、臀部の痛みもなくなりスポーツも心配なく出来るようになるでしょう。

 

解説

下肢に痛みが出ているから、下肢だけに問題があると思われる方は多いと思いますが、実は首や肩も問題になっていることがあります。

今回のケースでは、下肢の関節にかたさが出ていたので、足首と膝、股関節も原因になっていると考えられますが、臀部と大腿部の症状が緩和された時に肩に症状が出たことや、肩と首の可動域が改善されてくると大腿部の症状も更に改善されることから、肩と首も問題になっていることが考えられました。過去の肩の症状を聞くと、10年くらい前に四十肩になったことがあり、その痛みは引いたが次第に背中、腰の張りが気になるようになっていったとのこと。

肩が内旋していて姿勢の崩れも見られました。

足首や膝のかたさがあり、四十肩の影響で首や背中の張りと姿勢の変化がある状態で長年スポーツをしてきて負担がかかり続けた結果、下肢の症状として現れていたので、下肢の関節だけでなく脊柱や首の調整をして負担を減らしていったことが症状の改善につながったと思います。