《症例報告》中学時代の捻挫が原因で股関節痛が出ていた症例|名古屋市天白区のそら整体院

34歳 男性 会社員 名古屋市天白区

主訴:左の股関節から足の痛み

概要

3ヵ月ほど前から立っていると左の股関節に違和感が出るようになった。
初めは違和感だったので、何も処置をしていなかったが、2ヶ月前から長時間立っていると、太腿、すね、足裏まで痺れが出るようになってきて、常に股関節に違和感があるようになってしまった。
家から近く、根本治療をやっているというのをHPで調べ当院へ来院。

 

検査

姿勢が猫背になり悪く、体幹の動きも悪かったが、一番気になったのは左の足首がほとんど動かなくなっている事だった。
話を聞いてみると中学生の時に部活中に左の足首をかなり強く捻挫をしたことがあると話してくれた。
処置としては固定を1ヶ月ほどして、痛み自体はなくなったのでそれで治ったと思い特にそれから何もしていないという事だった。

 

施術

1回目

検査の結果、足首の歪みにより前重心になっていて姿勢が猫背になり、結果として、股関節に負担がかかり股関節の違和感、足の痺れが出ていると判断。

初回は、当院独自の循環を上げる治療を行い回復力を上げて、原因である足首の治療を行った。

施術後、体幹の動きが良くなり、股関節の違和感も軽くなったとのこと、長時間立った時に出る痺れや股関節の痛みは今の時点では確認出来ないので、次回またそういう機会があった時に痺れは痛みが出たかを聞かせて欲しいと話し、初回の施術は終了。

 

2回目(5日後)

前回と比べると、長時間立っていると痛みはあるが、痺れは軽くなったとのことだった。

施術効果としては出ているので、前回と同じ施術を行う。
料理人をやっているという事で、立っていられないと仕事に支障が出てしまうので早く治したいと話してくれた。

 

3回目(7日後)

前回から今回まで長時間立っていてもほとんど股関節の痛みが出なかったということだった。

足首の動きをみるとだいぶ動くようになっていたので、「足首の動きもかなり改善してますね!」と伝えると、「どんどん悪化していったのでこのまま立てなくなると仕事が出来なると思ったから助かるよ!」ととても喜んでくれていた。

本人の意向で崩れてしまった姿勢も良くしていきたいという事だったので、姿勢の改善までしていけば、再発を防げる体作りまで出来るのでしょう。

 

解説

今回は、中学時代に捻挫した事が結果として股関節の痛みとなっていたパターンでした。
中学時代の捻挫が今になって痛みが出るの?って思う方も多いのですが、実は割りと多いです。

他に数年前に手術をした後の手術痕が原因だったりする事もあります。
それは、怪我や手術により筋膜がねじれてしまい結果として体の歪みにつながってしまうのです。
ですので、当院は問診の時点で、昔、怪我をしたことがないか?手術をしたことがないか?など細かくお話しを聞いていき、原因になりうる可能性がある事を聞きだします。

いろいろ施術を受けているけど良くならない方の原因は、もしかしたら、昔の古傷だったり手術痕だったりするかもしれません。
当院では、そういった所へのアプローチもしていますので、思い当たる節がある方、力になれるかもしれませんので、ご相談くださいね!

今なら初回限定63%OFFの3,000円股関節の痛みの施術を行っておりますので、
股関節の痛みにお悩みの方は是非お気軽にご来店ください。
股関節の痛みの施術についてはこちら

この記事を書いた人
名古屋市天白区そら整体院 院長

名古屋市天白区そら整体院 院長
山川 日出章

もしあなたが、「自分の症状は改善できるのかな?」「この症状はもう改善できないんじゃないか?」そんな風に思われているのであれば、一度ご相談ください。お電話(052-853-9062) メールでご予約受付中です!