sorastaff のすべての投稿

《症例報告》体液循環の改善で長年苦しんでいた肩・腰の痛みがスッキリ改善した症例|名古屋市天白区のそら整体院

37歳 男性 建設業 T.S.さん 名古屋市昭和区在住

主訴:肩、腰

 

概要

 10年ほど前から症状があり、10年間ほぼ1/週のペースでマッサージとバキバキ治療をされていた。

ここ一年ぐらいはやってもらうと3日は持つが、すぐに症状がでてきてしまうことに不安に思うことが多くなった。

そこでマッサージではなく、ストレッチや骨盤矯正の整体に34ヶ月程通ってみるが、効果を感じられず。

その後、1ヶ月ほっておいたら肩が上がらなくなってくるなど、日常生活に支障をきたしていた。

 

検査

 ・各関節の可動域が低下している。

 ・ 猫背になることが多く、いい姿勢を維持することができない。

 ・ 右股関節90度以上ロックがかかってしまい曲がらない。

 ・ 下腿の骨が外に回転したままで固定されてしまっている。 

 

施術

 

初回

ヒアリングと検査をした結果

 

不調の原因は、大きく2つ

1.過度のマッサージによる体力、筋力低下

2.体液の循環の悪さ

過度のマッサージやバキバキ矯正を繰り返していくことで、筋肉は傷ついていき筋力低下を起こしていきます。

筋力低下が起こると姿勢が保てなくなり、猫背や歪みの定着につながります。

事実T.S.さんが来院された時の姿勢は、かなり猫背がひどく首、肩、腰に大きく負担がかかっている状態でした。

 

まず、初期の施術は筋力の機能回復が必要になる為、体液の循環の改善を中心に行っていきます。

循環が改善してくると、筋力の機能が戻ってくるので姿勢が保ちやすくなり、患部の痛みは回復していきます。。

初日は、骨格矯正などはしないで、体液の循環を改善する施術をする。

 

循環の施術をすることで体は軽くなったような感じがあるとのこと。姿勢も来院時より改善。初回はこれで終了。

 

2回目(2日後)

 あまり感覚的に変わらないとのこと。まだ、肩や背中をガンガン押してもらいたい感じがするとのこと。

当院の施術は、現状のお体にとって回復に最適な刺激量を選択しているので非常にソフトです。いつも強くもまれなれている方にとって、やられた感覚がない。物足りない。といった感想が多いです。

 引き続きやさしく触れる程度の循環の施術のみ行う。

 

3回目(7日後)

 前回に比べて、よくなってきたのか、肩まわりの感覚がよくわからなくなってきたとのこと。

引き続きやさしく触れる程度の循環の施術。

 

4回目(10日後)

 よくなってきていると感じるとのこと。揉んでほしい感覚が薄れてきている。

体が少しづつ回復してきているので、引き続き循環の施術をおこなう

 

5回目(14日後)

 何年かぶりに朝スッキリ起きれたことに感動されていた。

 

6回目 (24日後)

 朝はスッキリ起きれている。揉まれたくなるようなことは今はないとのこと。

前のようなつらい症状はなくなり、調子いいとのこと。

 

本人様希望により、再発しにくい体を作りたいとのことでさらに姿勢を改善させるため、股関節のロックを外していき姿勢改善をしていく。

 

 

まとめ

 

 T.S.さんは26歳の時、初めてマッサージを受けてビックリするぐらい体が軽くなり、感動したそうです。それが、マッサージを定期的にやってもらうきっかけになったそうです。

ただ、年齢を重ねて肩も腰も痛みが強くなることがおおくなり、それに伴ってマッサージの強さもどんどん強くなっていったそうです。「本当にこの施術で大丈夫?マッサージ依存症になっていないか?」不安になっていました。

体を改善させていくのに最適な刺激量があります。これを超えてしまうと、体力が削られていき姿勢が保てなくなります。そうなるとまた患部に負担がかかっていき根本解決にはなりません。

今回のT.S.さんのように10年前はよかったが、年齢を重ねるにつれて、過度のマッサージがお体の改善に合わなくなってくることも考えられます。

 

 

今なら初回限定63%OFF3,000肩こりの施術を行っておりますので、
ふくらはぎの痛みでお悩みの方は是非お気軽にご来店ください。

>肩こりの施術

 

《症例報告》体液の循環と足関節、脊柱の調整で慢性的な股関節痛が楽になった症例|名古屋市天白区のそら整体院

51歳 女性 T,Kさん 名古屋市緑区在住

主訴 股関節痛

 

概要

慢性的な股関節痛に悩まされ1度は整形外科に通院したが改善されず、

現在は整形外科には通わず自宅でのストレッチとロキソニンを服用しごまかしながらやっていたとのこと。

しびれ、痛みが改善されお孫さんと旅行に行けたと書かれた患者様の声をみて「ここなら痛みをとってもらえるのでわないか」との思いで来院された。

症状は仕事が忙しくなったことで悪化、普通に歩くのもびっこを引かないと痛みで歩けなくなり

朝起きてから痛みが強く起き上がるのに時間がかかり靴下がはけないなど日常生活に支障がでている。ほか右肩は五十肩になっており肩が上がらなく上がるようになりたいなども改善希望。

 

検査 

・肩、股関節、腰の動きが正常可動域に比べてかなり固い。

・骨盤の左右差がかなり大きい。

・仰臥位での姿勢のみでも痛みがでる。

・五十肩を発症しており右肩が左肩に比べてかなり下がっている。

 

 

施術

 

初回ヒアリングと検査の結果

 

股関節痛になっている原因としては

・体液の循環の悪さ

・足関節の固さ

循環が悪くなることで大腿部、下腿の筋肉が固まってしまっておりびっこを引いていることもあり体側の膝、足関節の動きも悪くなり、体のあちこちで痛みが生じている。

まずは回復機能を高めるために循環の治療をおこなう。循環が良くなるだけでも現状よりもかなり改善できる。

足関節の動きは股関節の動きにも関わってくる。足関節の動きをだすだけで股関節への負担も軽減してくる。もう一つはT.Kさんの足関節の動きが悪いために前脛骨筋部、膝とかなり動きが悪いそのため前傾姿勢になっており真っすぐ立てなくなっている。

 

初日は体液の循環の調節と足関節の動きをだすために足関節に矯正をいれていく。

循環の施術をすることで血流量があがり、足部のしびれが改善。

足関節の動きは来院時よりも可動域があがり帰り際にはびっこを引かずに帰宅するところまで改善が見られた。

 

2日目 「4日後」

施術翌日常に眠かったとの好転反応が見られた。

症状としてはあまり変わらず膝にも痛みがでてきたとのこと。

好転反応の説明をもう一度おこない、前回と同様の施術をおこなう。

 

 3日目「8日後」

膝に痛みがでているものの股関節の痛みが少なくなり、びっこを引かずに歩ける。

股関節の可動域もよくなっていき、股関節を曲げても痛みが軽減。

変化がでてきているので続けて施術。

 

4日目「13日後」

股関節の痛みが少しずつなくなっていくものの朝方と夜は痛みが強い。

それでも階段の下りは前回までは痛みがでてきていたが気にならなくなった。

股関節の可動域にも少しずつ変化が見られるが肝心の足関節の動きが悪く治療をいれてもあまりキープができていない。

S.Oさんが股関節のレントゲンを整形外科で撮ってもらったとのことで話を聞くと変形性股関節症と診断され薬を渡されたという事だったが痛みが軽減していっているため飲まないで欲しいと伝えた。

 

5日目「20日後」

普通に歩く分には股関節の痛みがなくなったが朝方は少しつらいとのこと。

治療の方向性を少し変え脊柱の固さにアプローチをすることに変えた。

脊柱の固さをとることで骨盤を動かしやすくし股関節の可動域をあげていく。

 

6日目「27日後」

膝の痛みは気にならなくなったのこと。

股関節の痛みに関しても普通に歩けるようになったと喜ばれていた。

それでもまだまだ足関節、脊柱の固さが残っているので今後さらに状態があがると伝えた。

 

まとめ

もともと仕事柄歩くことが多いT.Kさん多い日には1日15000歩も歩くとのこと。

それでも仕事の仲間たちも腰や膝に痛みを抱えながらやっているため皆無理してやっていると自分に言い聞かせながら薬を服用しごまかしていたとの事。それでも薬ではごまかしがきかないぐらいの痛みが続いたため当院に来られた。

初めにお体を診させてもらったが仰向けになるのですら痛みがでていた、正直放っておいたらこのまま悪化する状況でした。

全身固さがありましたがとくに固さが出ていたのが股関節でした。でも痛みがでているなか股関節を動かすのはリスクが高かったため足関節の動きにアプローチをかけ股関節の痛み、動きをだす、方法をとりました。

お体が良くなっていくにつれて笑顔が増え、体調にも気を使いたいとのことで食事の管理もするようになりました。つらい毎日だったけど、この痛みがなくなったら「孫とユニバーサルで走りたい」という夢ができました!と話してくれました。

そんなT・Kさんの夢を実現させるためにも全力でサポートさせていただきたいです。

 

今なら初回限定63%OFFの3,000股関節の施術を行っておりますので、股関節の痛みにお悩みの方は是非お気軽にご来店ください。

>股関節痛についてはこちら

 

《症例報告》内臓の調整と循環と自律神経を整えたことで辛い腰痛が軽減した事例|名古屋市天白区のそら整体院

26歳 女性 看護師

主訴 腰痛

概要

看護師の仕事を始め、仕事中に腰にドーンとした違和感を感じるようになったが、直ぐに消えていたので、さほど気にしていなかった。

4ヶ月ほど経った頃から腰に違和感を感じる日が増え、それから2ヶ月くらいで仕事中歩いたり座っている時に腰に痛みを伴うようになった。

その後、朝起き上がる時や寝返りの時にも腰に痛みが走るようになり、私生活にも支障をきたしてきた為、以前から当院に通院している母親の勧めで来院する。

 

検査

可動域検査 腰の回旋に可動域の減少が見られ、股関節と足首にもかたさがある。

下肢全体のむくみがひどく、腎臓と肝臓にかたさがある。

反り腰になっており、背骨の硬さがある。

 

施術

1回目

内臓で反応をみると、かなり変化がみられたので、内臓疲労を改善する必要があると考え、初回の施術では著しい硬さがみられた足首の調整と内臓の調整を中心に行う。


2回目(2日後)

経過を聞くと、臀部と足首に痛みが出て眠れなかったとのこと。

検査をすると、前回の状態に戻っている。

今は施術後の状態を維持する為の体力がない為、一時的に痛みは出てしまっているが、

続けていけば回復力もついてきて症状も改善していくことを伝え、前回と同様の施術を行い終了。


3回目(7日後)

痛みの場所が背中の方へ移動しているとのこと。

身体のバランスが変わってきて痛みの場所が変わっているので、良い反応である事を伝え、前回と同様の施術を行う。


4回目( 7日後)

症状は前回から変化は無い。

今回も同様の施術を行う。


5回目(7日後)

腰、背中、共に痛みが軽減したとのこと。

朝の痛みも和らいでいると喜んでいる。

股関節のかたさが強く出ているので、前回と同様の施術と股関節の調整を行う。

内臓の硬さが取れてきていて、姿勢も改善がみられる。

まだ、仕事上の精神的・身体的ストレスで痛みが再発することもあるが、だんだんとその回数も減ってきている。

あと骨盤と股関節の調整を行っていくと歪みも改善してきて、仕事中に出てくる腰の重だるさも改善されていくでしょう。

 

解説

ストレスによって内臓に負担がかかり、調子が悪くなることはご存知の方も沢山いるかと思います。ストレスは自律神経の乱れを引き起こし、自律神経が支配している内臓の機能を低下させます。

今回の件では、就職という環境の変化で緊張やストレスが続いたことで自律神経系の乱れにつながり、内臓疲労を起こしていました。循環不良で体がかたくなっている状態で、更に体への負担が大きい仕事内容ということもあり、無理に体を使ってきた結果痛みが出ていたと考えられるので、内臓の調整をして循環と自律神経を整えることで痛みが改善してきたと考えられます。

また、足首のかたさで不自然な歩き方になっていたので、骨盤が歪み姿勢の変化も起こっていたので、足首の調整を入れていくことで、骨盤の動きのかたさ等も改善が見られ、姿勢が良くなってきたことも症状改善の要因になっていたと思います。

 

極度のストレス、緊張が痛みを出しているケースは沢山あります。特に季節の変わり目や環境が大きく変わる春先は多いですね。

少しの違和感をそのままにしておくと、いつのまにか生活に支障が出るほどの痛みになることもあるので、いつもと違う違和感を感じたら早めにご相談下さいね。

 

 

今なら初回限定63%OFFの3,000円腰の痛みの施術を行っておりますので、

腰の痛みにお悩みの方は是非お気軽にご来店ください。

 

腰の痛みの施術についてはこちら

《症例報告》脳脊髄液の流れを良くする施術で原因不明のめまい、頭痛、食欲不振、不眠が改善した症例|名古屋市天白区のそら整体院

44歳 女性 パート 豊明市

主訴 めまい 頭痛 食欲が出ない 眠られない

 

概要

半年以上前から、めまい、頭痛、首肩の痛みが出てきていて整形外科では原因不明といわれ電気とマッサージを受けていたが、症状は改善せず食欲もなくなり、夜も眠られなくなってきてしまって仕事も辞めてしまう状態だった。自身で「自律神経の問題ではないか」と考えインターネットを調べ自律神経の問題で出ている症状を改善実績のある当院へ来院。

 

検査

検査をすると腰、両肩、左足首にROM制限を認める。

内臓の固さをみていくと、胃、子宮が緊張して固くなっている状況だった。

 

施術

1回目

検査の結果、循環と自律神経の乱れと判断。

初回は、当院独自の循環と自律神経の施術を行う。

施術後、腰、肩のROM制限は解除され動きがよくなる。

めまいは残ったが、治療を続けていけばめまいも改善すると説明し、初回の施術はここで終了。

 

2回目(2日後)

前回と比べ、食欲が普通に戻り、夜も眠られた。肩も軽くなり手があげやすいということだった。まだめまい、頭痛は残るとのこと。

施術の反応も悪くはないため、前回と同じ治療を行う。

話を聞いていくと嫌なことがあったことがきっかけで、今回の症状が出てきたような気がするということだった。

 

3回目(4日後)

めまいも出なくなって、頭痛も良かったとのこと。ただカミナリが鳴った日から頭痛が出たということだった。カミナリが凄く大きな音で恐怖を感じたと話していた。やはりストレスがかなり体に影響が出る方なので、カミナリが鳴るストレスでもそういった症状が戻ってきているが、続けていけば問題なく再発しなくなると説明。

順調に回復しているため施術は同じことを行う。

 

4回目(3日後)

症状としては何も出なかったとのことだった。

ここ1年こんな快適に過ごせる日はなかったと喜んでいた。

今度、娘とディズニーランドに行きますと言っていた。1年間どこにも行く気力が沸かず、出かけた時にめまいなどが悪化したらどうしようという不安から外出も出来ていなかったから、すごく嬉しいと言ってもらえた。

 

この調子で施術を続けていけば、おそらく不安なく出掛けられたり、食事も楽しく出来るようになるでしょう。

 

解説

今回の方のように、ストレスを過度に受けてから症状が出てくる方は沢山います。

ストレスというのは、今回のように純粋に嫌なことがあったとかもそうですが、ストレスとは、外部から刺激を受けたときに生じる緊張状態のことです。外部からの刺激には、天候や騒音などの環境的要因、病気や睡眠不足などの身体的要因、不安や悩みなど心理的な要因、そして人間関係がうまくいかない、仕事が忙しいなどの社会的要因があります。つまり、日常の中で起こる様々な変化=刺激が、ストレスの原因になるのです。進学や就職、結婚、出産といった喜ばしい出来事も変化=刺激ですから、実はストレスの原因になります。

ストレスが過剰になると、交感神経と副交感神経のバランス、つまり自律神経のバランスが乱れます。

当院では自律神経の調整をするために脳脊髄液の流れを良くする施術を行います。

なぜ脳脊髄液の流れを良くすると自律神経が整うのかというと、脳脊髄液の通り道は非常に狭いため、頭蓋骨や仙骨にズレが生じたり、頭蓋骨の動きが止まると脳脊髄液の流れが滞ったりします。頭部に脳脊髄液が溜まると脳が圧迫され、頭痛が発生しやすくなります。悪化すると水頭症を引き起こし、嘔吐や視力低下などの症状が現れます。また、自律神経の働きにも悪影響を与えます。脳脊髄液が正常に流れなくなると治癒力や免疫力が下がったり、自律神経が乱れたり、老廃物が蓄積することによりあらゆる機能が低下してしまうことがあります。自律神経が乱れると、頭痛や不眠、動悸や息切れ、低体温やしびれといった不定愁訴や自律神経失調症の症状が現れます。

 

どこに行っても原因不明と言われ、シップや痛み止めをしていたり、いろいろ治療をしているが良くならない方など、当院の施術を受けて改善している方は沢山います。

ですので、自律神経の問題で症状が出ているんじゃないかとお考えの方や、いろいろ治療院に通ったが良くならなかった方は、1度ご相談ください。当院で力になれるかもしれません。

 

 

今なら初回限定63%OFFの3,000円自律神経からくるめまいの施術を行っておりますので、
背中の痛みにお悩みの方は是非お気軽にご来店ください。

>自律神経からくるめまいについてはこちら

《症例報告》何をやってもダメだった腰痛が根本原因を治す事で改善した事例|名古屋市天白区のそら整体院

55歳 男性 自営業 S.O.さん 名古屋市緑区在住

 

主訴:腰痛

概要

 4~5年前から腰痛があり、過去にはバキバキ整体やマッサージにも通院したが改善されず。現在は週1回整形外科に通い電気療法と牽引療法を3ヶ月間おこなっており、毎日ストレッチをやっているが改善しないとのこと。

マッサージ、バキバキ矯正してもよくならなかった方が、当院の施術で改善した方の口コミをみて「ここなら芯から治してくれるかもしれない」との思いで来院された。症状は、夕方になると腰がだるくなりつらい、車から降りると腰が伸ばせなくなる、しゃがみ歩行ができないなど仕事に支障が出ている。ほか、首肩を動かすとミシミシ音がする、仕事中に左ひじに力が入らないなども改善希望。

 

検査

  • 全身の関節の動きが正常可動域に比べてかなり固い。
  • 関節の動きに左右差が大きい。
  • 座った体勢での背骨が右に大きく湾曲しており、左に重心が乗っている。
  • 過去に交通事故もされている。
  • 両足にやけどの跡があり皮膚や足の関節は特に固くなっている。

 

施術

初回

ヒアリングと検査をした結果

腰痛の原因となっているのは、

  • 体液の循環の悪さ
  • 股関節の固さ

循環が悪くなることで疲れやすくなり、ただでさえ崩れている姿勢がさらに崩れてしまい、からだのあちこに痛みが出てきてしまっている。

まずは、回復の基本となる循環の施術をおこなう。循環が保たれるようになるだけでも、現状よりかなり改善できる。

股関節は腰とも関係性が強い。

股関節が固くなると腰も固まる、股関節を動くようにすると腰も動くようになる。腰の負担を減らすため、股関節の動きを出していく。もう一つはS.O.さんの股関節はまっすぐ曲げようとすると外側に流れてしまうため、しゃがみ歩行ができなくなっている。

初日は、体液の循環を改善する施術股関節を直接動かす矯正をする。

循環の施術をすることで関節の動きは軽くなり、全身の関節の動く範囲も来院時より改善。

股関節の動きは思った以上に固くロックがかかっていたが、来院時より動きは改善した。

過去に好転反応も出ることが多かったとのことで、初日はここまでとする。

 

2回目(7日後)

 施術翌日に筋肉痛のような症状が出たとのこと。

症状は変わらず、可動域も前回の状態にもどってしまっていた。

好転反応の説明をして、前回同様の施術をする。

 

3回目(11日後)

 前回の後は筋肉痛のような症状は出ていない。

症状は変わらず。可動域は少しキープできている。可動域に変化が出てきているので、続けて

施術をしていく。

 

4回目(15日後)

 朝の首の違和感がへってきたとのこと。

関節の可動域は少しずつ改善しているが、肝心の股関節の固さが残る。

あぐらをかいた後の立ち上がりで、腰が伸ばせないなどの症状が残っている。

アプローチを変えて、股関節の動きを手首の筋膜の調整をすることで、動きを出しやすくする。

 

5回目(18日後)

 腰の調子は少し良かったとのこと。

手首の調整を入れて、股関節の動きを出していく。

 

6回目 (22日後)

 腰は気にならなかったとのこと。

以前に比べて首周りはほとんど気にならなくなったと喜ばれていた。

まだまだ股関節の固さは残っているので、今後さらに状態は良くなっていくことを伝える。

 

 

まとめ

 

 もともとバキバキ矯正や強くもまれると体がだるくなってしまうばかりで、すぐに症状が出てきてしまうS.O.さん、それでも何とかよくなりたくて我慢して通われていた過去を話してくれました。最近はご自身でストレッチを毎日やられていたそうですが、セルフケアにも限界を感じて当院に来られました。

初めにお体を見させてもらったときは全身の筋肉が関節もカチカチに固くなってしまっており、ほっておいて改善できるような状況ではありませんでした。

特に股関節の固さが目立っていましたが、固くなっている原因は手首にあり、股関節を直接動かしていくよりリスクは少ないので今回はこの方法をとりました。

お体がよくなっていくにつれて、笑顔が多くなって声が大きくなっていきました。体の調子が悪いと本人でも気づかないうちに元気がなくなるものです。少しでも本来の元気を取り戻してほしいと思い毎回施術にあたっています。

痛みのなかった時のように元気に生活を送りたい、そんな思いを全力でサポートさせてください!

 

 

今なら初回限定63%OFF3,000腰の痛みの施術を行っておりますので、
ふくらはぎの痛みでお悩みの方は是非お気軽にご来店ください。

>腰の痛みの施術

《症例報告》つらい腰痛が足首、膝関節と内臓調整により改善した事例|名古屋市天白区のそら整体院

58歳 男性公務員

主訴: 腰痛

 

概要

昔から肩こり首こりはあり、定期的にマッサージに通っていた。

1週間前に山道を歩いて、その日の夜から今まで痛みを感じたことのなかった腰に激痛が走った。仕事の関係で休めなかった為、無理をして動いたら痛みがなかなか引かず、趣味のゴルフも出来なくなってしまった。これはマッサージで治る痛みではないと感じ来院する。

 

検査

可動域検査 腰の回旋に著しい可動域の減少があり、特に右回旋時には右の背中に痛みを伴う。骨盤のねじれがあり、股関節と足首に固さが見られた。両肩の外転も可動域の減少がある。骨盤が後傾しており、猫背になっていて首が前に出ている。

 

施術

1回目

猫背がキツく、腰から背中全体に筋肉の張りが出てしまっているので、循環を調整し、筋膜のねじれを取って筋肉を緩める施術を行う。

痛みは変わらずあるが、可動域の改善はみられた。激痛が出てからも無理して動かしている為直ぐに消える痛みではないが、続けて施術を行うことで早く改善することを伝え、初回の施術は終了。

2回目(日後)

痛みは前回から変化はなく、可動域は初回の施術前の状態に戻っている。初回と同様の施術を行う。

3回目(日後)

痛みが少しやわらいでいる。関節のかたさは戻ってしまっているので、前回と同様の施術を行う。

4回目

常時ある痛みは和らいでいるが、何かの拍子に激痛が走ることがある。どんな動きで激痛が出るのかはわからないとのこと。

足首と膝の関節のかたさやズレが足全体の筋肉を緊張させて腰に影響が出ていると考えられたので、足首と膝の調整を入れる。

5回目

慢性の痛みはだいぶ良くなっているが、突然出る激痛は相変わらずある。

前回と同様の施術を行う。

6回目

前回から痛みに変化はないが、可動域の減少が見られた。話を聞くと、無理な動きがあったとか特別忙しかったことはなかったが、仕事の関係で飲み会があり、結構な量のお酒を飲んだとのこと。肝臓を触るとかたさがあり、触っていると腰の痛みが軽減した。

内臓の調整を入れると、腰の回旋が良くなり回旋時の痛みも無くなった。

7回目

前回の施術後、体が暖かくなり毎朝あった起き上がりの体の痛みが翌朝は無かったとのこと。施術前の腰の回旋時の痛みも良くなっている。

今回も同様の施術を行う。

 

この後も足首と膝の調整に加えて内臓の調整を繰り返し行なっていき、突然くる激痛は無くなった。

お酒を毎日1ℓ程飲んでいたが、週に23日は休肝日を作るようにして頂いてから、日常で痛みを感じることも減ってきている。

心配なく生活出来ることを本人も喜んでいる。

このまま施術を続けていけば、痛みが出てから我慢しているというゴルフも出来るようになるでしょう。

 

解説

腰痛というと骨盤や骨格の歪みの問題と思われる方が多いのではないでしょうか。

しかし、足首や膝等の他の関節の問題や、内臓の問題で腰痛を出している場合もあります。

今回のケースでは、仕事の関係でお酒を飲む機会も多いのに加えて、もともとお酒が好きで毎日飲酒をしていることで肝臓に負担がかかっていたことと、猫背の姿勢の関係で内臓が圧迫され動きが悪くなっていたことで内臓疲労が起こっていました。そういったことから腰痛を出していたので、内臓の調整をしてだいぶ症状が落ち着いてきたと考えられます。

今まで出ていなかった痛みでも、内臓疲労による循環不良から関節のかたさにつながり、その状態でスポーツをしていたことなどの体への負担、そういったことの長年の蓄積が、ちょっとしたきっかけで症状を出すことがあります。

思いもよらない事が痛みの原因になっていることもありますので「何が原因で痛みが出たかわからない」という方、ぜひ一度ご相談くださいね。

 

 

今なら初回限定63%OFF3,000円で腰の痛みの施術を行っておりますので、

腰の痛みにお悩みの方は是非お気軽にご来店ください。

 

腰の痛みの施術についてはこちら

《症例報告》子どもの頃の古傷が原因で股関節痛が発症していた事例|名古屋市天白区のそら整体院

34歳 女性 会社員 名古屋市緑区

主訴 : 左股関節の痛み

 

概要

1ヶ月ほど前に旅行に行って1日中歩いていた。その日は良かったが翌日起きると痛みが出ていた。最初は動かすと痛いくらいだったが、1週間前から足を引きずるようになってしまい階段を上るのも辛くなってしまった。

元々ヘルニアなどもあり、体が悪いというのは自覚しており、この機会に体を良くしたいとHPで探し、どこに行っても良くならなかった人が良くなったという口コミをみて当院へ来院。

 

検査

左股関節、左足首、腰の回旋のROM制限を認める。骨盤の変位もかなり強い状態。

 

施術

1回目

左足首がほとんど動いていなかったため、そこが動かないために股関節に負担がかかり痛みとなっていると判断。

それにともない骨盤の変位も大きくなっていると伝え、初回は、当院独自の体が治るために必要な体力を上げる治療と左足首と骨盤の硬さを取っていく治療を行う。

 

治療後、股関節を曲げても痛みが出ないという所で、初回の治療はここで終了。

 

2回目(4日後)

治療後から3日は股関節が軽かったということだったが、また痛みが戻ってきているとのこと。

今回は右足にも痛みがでているということだったが、体のバランスが変わることによって右足に負担がかかり痛みが出ている状態なので、体が変わるときに一時的に出る好転反応で、そのうち出なくなる説明。

 

主訴の左股関節も治療後状態が良かった事から、初回と同じ治療を行う。

 

3回目(5日後)

左の股関節の痛みは、ほとんどなく左のふくらはぎが張っている感じが残る。

全体的に下半身がダルイ感じ。

 

今回も順調に来ていることから同じ治療を行う。

 

4回目(5日後)

股関節の痛みは、ほぼないが、左足首がかなり痛む状態になっていた。

このときたまたま患者さんが7分丈くらいのハーフパンツを穿いてきていたためふくらはぎが出ていて、そこで大きな火傷のような傷跡があった。

患者さんに尋ねると、子どもの頃に大きな怪我をした痕だという。

この傷跡と足首の関係を検査で調べると体反応したので、この傷跡によって、足首のROM制限を出し、結果として股関節の痛みとなっていることがわかった。

 

今回は、循環を上げる治療と、傷跡への治療を行う。

治療後、かなり楽になっていると喜んでいた。

 

5回目(4日後)

足首の痛みもなくなり、股関節も痛くないとのこと。

症状は落ち着いているが、まだ足首の動きの悪さが出ていることと、腰の動きの悪さが残っているため、今回も循環の治療と傷跡への治療を行っていく。

このまま続けていけば、足首と腰の可動域も正常可動域までもどり再発を防げるでしょう。

 

解説

今回は、単純に体の歪みから来る股関節痛だと思っていたら、傷跡が原因で股関節痛がおきていたパターンでした。

傷跡があると、筋膜がねじれてしまいます。手術痕でも同じようなことがおこることがあります。

筋膜というのは、筋肉を覆っている薄い膜のことを指します。

筋膜は全身に連なる結合組織で、3次元的に身体全体を覆っているため、「第2の骨格」とも呼ばれています。

3次元的というのは並列に正しく並んでいるのではなく、縦横無尽に走っている網の目をイメージしていただくと良いと思います。

よって、身体のどこか一ケ所に歪み(ひずみ)が生じれば、それがわずかなものであったとしても、結合組織の膜を通して全身に波及していくことになります。

そのため、数年前の足の怪我が原因で肩こりや腰痛が生じる、なんて可能性もあるわけです。

 

数年前に手術をしたことがあるとか、大きな傷が残っているとか今の症状に関係なさそうな事でも実は大きく関係することがあるので、当院ではそういった所へのアプローチも出来ますので、症状に関係なさそうな事でも何でも相談してくださいね。あなたの問題の解決になるかもしれません。

 

 

今なら初回限定63%OFFの3,000円股関節の痛みの施術を行っておりますので、股関節の痛みにお悩みの方は是非お気軽にご来店ください。

股関節の痛みの施術についてはこちら

《症例報告》猫背の矯正で左肩から前腕のシビレと痛みが改善した症例|名古屋市天白区のそら整体院

61歳 女性 会社員 H.B.さん 名古屋市南区在住


主訴:左肩から前腕のシビレと痛み

 

概要

 2ヶ月前から左の肩から前腕にかけて、今までにない痛みを感じる。

何もしていない時でも鈍い痛みとシビレが続き、ひどいときは頭痛・吐き気も伴うようなこともある。

車の運転、携帯の画面を見ているのも辛い状態で2カ月前から仕事にも行けなくなってしまい、整形外科を受診。

特に大きな異常はなく、神経痛の鎮痛剤「リリカ」を処方された。日に日に痛みが増しているため、1日の服用限度と言われた1日5錠を飲んでいる。それでも一向に回復しないため、神経痛が改善された方の口コミが多い当院へ来院された。

 

検査

 

・猫背が強く肩が大きく内側に巻き込まれている。

・痛みの影響で全身の筋肉に緊張があり、特に腹部の緊張は強い。

・左肩の可動域は比較的動いており、動きの中での痛みはほとんどない。

・足の関節の動きはかなり固くなっている。

・血圧は140と高めの数字が毎日続いている。

 

施術

 

初回

ヒアリングと検査結果をした結果

強い猫背からくる肩関節の炎症が起きやすくなっていること。症状が長引くことのストレスで自律神経の乱れが出てきたため、症状が慢性化していると判断。

もうひとつ考えられるのは、鎮痛剤を多量に服用することで、内臓が疲労してしまい回復の妨げになっている可能性もある。

まずは、整体的な問題点から解決していくことで、原因をあぶりだしていく。

 

初日は、猫背と足の関節の調整をして様子を見る。

施術後は関節の動きが軽くなり、可動域の改善が見られた。

初回はこれで終了。

 

2回目(3日後)

 前回から今日までで、症状の変化はない。

前回の施術と自律神経を改善させる施術をおこなう。前回同様、関節の動きが軽くなり、可動域の改善が見られる。

 

3回目(7日後)

 前回から車の運転中左手を上げていないといけなかったのが、左手を上げてなくてもよくなったとのこと。ただ、まだ症状はほとんど変わらない。少し変化が出てきたと判断し、再度同じ施術をおこなう。

3回目はこれで終了。

 

4回目(10日後)

 前回から変化はなかったとのこと。

通常であれば、これぐらいの回数から改善がみられる症状である為、以前から気になっていた鎮痛剤についてのお話をした。経験上、多量の鎮痛剤を飲み続けることによって、お体の回復が遅れるケースがあることを説明した。

 

5回目(15日後)

 前回からシビレはかなり改善した、痛みはまだ残っているが少し楽になったとのこと。

 話を聞くと鎮痛剤を飲むのをやめた次の日から、シビレは少なくなったとのこと。

 まだ痛みは残っているため、引き続き施術をおこなう。

 

6回目 (18日後)

 シビレの波はあるが以前に比べてだいぶいいとのこと。痛みはまだある。

 シビレがなくなった後から、鎮痛剤は飲んでいない。

内臓の機能の回復のための施術と自律神経の施術をおこなう。

 

 

まとめ

 

2カ月前から左の肩から腕にかけてのシビレ・痛みで来院されたH.B.さん。

 

最初にお話を聞かせていただいた際、まともに寝ることもできずに、仕事も休んでしまうほどつらいと話してくれました。その時のお顔は不安と痛みで眉間にしわが寄っていました。

 整体の施術を重ねてもしっかりとした手ごたえがないので、多量の鎮痛剤を服用することで症状の回復が遅れることがあるという話をしました。

 痛みがあり不安で鎮痛剤に頼っているのに、その鎮痛剤を飲むことでのリスクを話すのは心苦しいところはありました。H.B.さんはちゃんと話を聞いてくれました。

その後、シビレが軽くなったあと、施術をしながら、ふとH.B.さんのお顔を見ると以前に比べて眉間のしわがなくなり、晴れやかなお顔になっていたのが印象的でした。

 よかれと思ってやっていることが、実は症状の回復を遅らせてしまっているケースは少なくありません。自己流も悪いとはいいません。ですが、少しでも気になる方は、一度専門家にみてもらうとご自身の体に思わぬ発見があるかもしれません。

 

 

今なら初回限定63%OFF3,000手のシビレの施術を行っておりますので、
ふくらはぎの痛みでお悩みの方は是非お気軽にご来店ください。

>手のシビレの施術ついてはこちら

《症例報告》神経ブロック注射でも取れなかった坐骨神経痛の辛い痛みが改善した症例|名古屋市天白区のそら整体院

40代 女性 パート

主訴 坐骨神経痛(左足の痺れ)

概要

もともと腰痛があり「痛くなっては治る」を繰り返していた。

3ヶ月程前から腰と左の臀部から踵にかけてまた痛みが出た。いつも通り治るだろうと思っていたが、だんだん痛みが増していき2週間前に痛みがピークに達した。このまま痛みが続くと子供の行事に出られなかったり趣味のビーチボールバレーが出来なかったりして困ると思い、整形外科や接骨院で治療を受けた。

しかし、良くならなかったため、ペインクリニックで神経ブロック注射を受けた。麻酔薬を注入し始めてすぐに痺れが出た。注射当日は痛みと痺れで動けず、痛み止めを服用してなんとか動けるようになった。

しかしそれ以上は良くならなかったため、注射の失敗でもう治らないのでは?と心配に思い来院。

 

検査

可動域検査

腰の回旋に可動制限がある。

左足の動きは良いが右の仙腸関節と足首に固さが出ていて、仙腸関節の検査時には痛みがある。

前屈の動作で痛みが出るが、股関節の屈曲では問題が無い。

 

施術


1回目

初回は骨格を整えて循環を良くする施術を行う。

神経ブロック注射によって神経が傷ついている可能性はあるが、骨盤のずれや関節の可動域の減少等、構造的な問題で痛みを出しやすい状態でもあったので、まずは構造的な問題を改善して経過を見ていくことを説明し終了。

 

2回目(2日後)

前回治療後、痺れは変わらず。痛みはふくらはぎの上部外側の一点だけに強く痛みを感じるようになった。背中全体と肩に張り感を感じる。

前回と同様の施術を行う。初回治療の翌日から仕事を再開した。

 

3回目(4日後)

ふくらはぎのピンポイントの痛みは前回より弱くなっているが、夜になると痛みが強くなる。背中と肩の張り感は変わらず。

前回と同様の施術を行う。

 

4回目(7日後)

ピンポイントの痛みではなく、ふくらはぎ外側の全体の痛みに変わった。触ると痛みがあるが、普通にしていれば気付かない程度とのこと。痺れや張り感は変化なし。

循環が悪く内臓に問題があるのではないかと思い胃を触るとかたさがあった。聞くと、お腹は弱くて胃潰瘍になったことがある事と便秘が気になっているとのこと。

前回と同様の施術と内臓の調整をして終了。

 

5回目(7日後)

痺れはあるが、ふくらはぎ外側の痛みは普段は気にならなくなった。夜は症状が強くなる。

背中の張りはない。

前回と同様の施術を行う。

 

6回目(10日後)

1日のうちで波があるが症状は弱くなってきている。朝は特に楽な日が増えた。

前回と同様の施術を行う。

 

7回目(7日後)

足が楽になってきたので、ビーチボールバレーをしたら痛みが出た。

可動域が改善傾向にあった足首や腰の回旋がまた固くなっており、筋肉に強い張りがある。

前回と同様の施術を行った。症状は良くなってきているがまだ体は安定していないので、過度な負担がかかると戻ってしまうこともあることを説明し、日常的なストレッチを始めていくようお伝えして終了。

 

その後も週に1回のペースで同様の施術を続けた。 暫くはバレーの後に2日間くらいは痛みが出ていたが、2ヶ月後には背中の張りやバレーをした後も痛みが出なくなり、ジャンプをする際の不安も無くなったと喜んでいた。

気にならない程度の軽い痺れは残っているが、このまま施術を続けていけば痺れも無くなっていくでしょう。

 

解説

神経ブロック注射は、一時的な痛みの間隔の緩和、血管を拡張し血流を改善することで発痛物質を洗い流し、痛みの緩和を持続させ、さらに筋肉の緊張を和らげることにより筋肉由来の痛みを緩和させる方法です。

痛みが強く出ている時は、お医者さんに勧められて受ける方も多くいらっしゃいます。

ブロック注射がどういうものか理解すると、循環を良くすることができれば、注射を打たなくても痛みを緩和させることができる気がしませんか?

今回のケースは、もともと内臓の問題があり、腰痛を出しやすくしていたこと。循環が悪くなっていたことで関節の固さが生じて骨格にずれがあったことで痛みにつながっていたと思われます。なので、内臓と骨格を調整していくことで痛みが緩和されてきました。

注射も痛みを緩和させる上で有効な治療法ですが、注射に抵抗があるとか不安に思う方は是非一度ご相談下さいね。

 

さいごに

当店、そら整体院では足・お尻のしびれや痛み施術を非常に得意としております。

どこの病院や接骨院に行っても改善しなかったお客様が多数来店されます。

しびれや痛みを改善するために当店では、

・体全体の検査を行う

・体液(血液、リンパ液、脳脊髄液など)の循環を整える

・内臓と骨盤、背骨を整える

をすることで身体の回復力を上げていき、しびれや痛みを改善させていきますので異常がないと言われた方でも安心してくださいね。

 

今なら初回限定63%OFFの3,000円足・お尻のしびれや痛みの施術を行っておりますので、
足・お尻のしびれや痛みにお悩みの方は是非お気軽にご来店ください。

>足・お尻のしびれや痛みの施術についてはこちら

《症例報告》変形性膝関節症と診断された症状が膝に触れることなく改善した事例|名古屋市天白区のそら整体院

64歳 女性 主婦 名古屋市緑区

 

主訴:変形性膝関節症(左膝)

 

概要

半年前から立ち上がるだけで、膝の痛みが出てくるようになり、歩くのも困難になる。

整形外科に行き、変形性膝関節症の末期と診断され、そこでマッサージとヒアルロンサンの注射をうつが症状は改善せず、名医と言われている評判の良い病院を回るが改善しなかった。

当院に来る1ヶ月ほど前から針治療を週3回ほど受けていたがそれでも変わらなかったとのこと。

それでインターネットで調べ変形性膝関節症の改善実績のある当院へ来院。

 

検査

まず膝の動きを診て見る限り動きの制限はなかったので、膝自体はそこまで今の痛みと関係ないと判断。

しかし腰のROM、股関節のROM、足首のROMがほとんど動いていなく、まずはここを動かしていくことが重要だと説明。この状態だと腰痛がありそうですが、ないですか?と聞くと、膝だけでなく腰も痛いときがあるとのことで、ギックリ腰も何度もしていた。

腰の動きをつけていき、体のバランスを整えていけば、膝への負担も減っていき膝の痛みもなくなると説明した。

今は旅行にも行けなくなっていることをすごく辛いと話してくれた。

 

施術

1回目

検査の結果、仙腸関節、股関節、足首の問題と判断。

初回は、治るために必要な回復力を上げる循環の治療と仙腸関節、股関節、足首の施術を行う。

施術後、腰ROM、股関節ROM、足首のROMがよくなる。

立ち上がりの痛み自体は残るが、すぐには消えるわけではないが、繰り返し施術を入れていくと良くなっていくと説明し、初回の施術はここで終了。

 

2回目(3日後)

前回に比べ、朝の辛さはあるが、夕方は楽になっているとのこと。

順調に回復していることから、前回と同じ施術を行う。

施術後、痛みもなく立てるようになる。

腰の動きも良くなっているし、順調に回復していることを伝え、ここで2回目の施術は終了。

 

3回目(5日後)

かなり調子が良く、痛みもほとんど出なかったと、かなり喜んで話してくれた。

今までどおりの施術を行い、順調にきていることから治療後1週間、間を空けてみてどうなっていくかを診ていくと説明。

 

4回目(7日後)

治療してから2日後に朝10分程痛みが出たが、それから痛みは出なかったとのこと。

まだ安定をしているわけではないので、痛みも出ることはあるが、それが長引いていないことは良いことだということと、今は1週間もたないが、やっていくうちに1週間もつようになり、それが2週間、3週間ともつようになると説明。

 

このまま治療を続けていけば、変形性膝関節症と診断され歩くことも困難だった症状も、痛みもなく普通に歩けるようになり旅行にも行けるようになるでしょう。

 

解説

膝が痛くて病院で変形性膝関節症だと診断されると、膝が原因で今の症状が出ていると思われると思います。

ただ、今回の症状は、膝に触れることなく良くなっていきました。

沢山の患者さんを診させていただいていますが、痛い場所には原因がないことが多く、しっかりと検査をして原因であるところを治療していくと今回のように改善していくことがほとんどです。

今回のケースも腰の治療をしたら膝の痛みがなくなりました。膝が痛いからといって、膝の治療をしていたら良くならなかったでしょう。

 

変形性膝関節症と診断され悩んでいる方がいたら一度ご相談くださいね。

さいごに

当店、そら整体院では膝の痛みの施術を非常に得意としております。

当店ではお体についての問診を詳しく行い、どんな経緯で今の痛みが出たのか?根本的な問題は何か?を探していきます。

 

痛みを改善するために当店では、

 

・姿勢や骨格の矯正

・内臓疲労の回復

・自律神経の調整

・食生活や生活習慣の指導(食事内容など)

 

をすることで身体の回復力を上げていき痛みを改善させていきます。

 

今なら初回限定63%OFFの3,000円膝の痛みの施術を行っておりますので、
膝の痛みにお悩みの方は是非お気軽にご来店ください。

>膝の痛みの施術についてはこちら