腰椎椎間板症とは?それって治るの?|名古屋市天白区のそら整体院

名古屋市天白区・緑区の皆さんこんにちは!名古屋市天白区のそら整体院です。
 
先日このブログで、石川遼君が腰椎椎間板症と診断されたニュースをご紹介しました。
→石川遼君も、ヘルニア手前! スポーツ選手がここまで腰痛で苦しむ理由
 
今度は同じ症状で、プロ野球ロッテの大谷智久投手が、同じ症状で全治3週間と診断されたニュースがありました。
 

ロッテ・大谷智久投手(31)が26日、腰痛のため出場選手登録を抹消された。25日の日本ハム戦で痛みを訴えたため、この日、習志野市内の病院で検査。腰椎椎間板症で全治3週間の診断を受けた。
 
引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160326-00000117-sph-base

 
スポーツ選手に多いこの腰椎椎間板症ですが、スポーツをしなくても起こります。中年以上の年代に発症しやすい特徴があるんです。
 
なぜ中年以上に発症しやすいものが、若いスポーツ選手に起こるのか?実はそこに、腰痛解消のヒントがあるんです。
 

腰椎椎間板症って何?

そもそも、腰椎椎間板症って何でしょうか?椎間板ヘルニアは知っていても、腰椎椎間板症は知らない人、多そうです。
 

腰椎椎間板症とは

腰椎と腰椎のクッションとして機能する椎間板。それが劣化してしまうことで、負担を緩和することができず、痛みが出る様になる症状です。
 
実は椎間板の近くには痛みを感じるセンサーが多く存在します。劣化するとその部分に刺激が加わり、腰痛になってしまうんです。
 

姿勢の悪さが、椎間板を劣化させる

【腰痛】主婦の腰痛イメージこの椎間板の劣化、老化による椎間板の水分の減少などが原因にあるのですが、もっとも多いのは、「姿勢の悪さによる身体のゆがみ」です。
 
姿勢が悪く、椎間板に負荷がかかりすぎて、劣化してしまうのです。若い時は支えられるのですが、年を重ねると負荷に耐えられなくなるのです。
 
スポーツ選手などは激しい運動をしているので、普通に生活するよりも椎間板に負荷がかかります。
 
なので中年以上の年代に発症しやすい腰椎椎間板症が、スポーツ選手に起こりやすくなっているのです。
 

姿勢の悪さが、椎間板を劣化させる

hyuga_illust

つまり姿勢の悪さというのが、ジワジワと身体に負荷をかけ、椎間板をも劣化させて腰痛を起こすということです。
 
なので例え今、姿勢が悪いが腰痛がなかったとしても、その影響は将来に必ず起こると言っても過言ではありません。
 
もしかしたら、腰椎椎間板症だけでなく、腰椎椎間板症ヘルニアにもなる可能性があります。

歳を重ねてからのヘルニアは、回復力が落ちているので、なかなか改善していかなく、かなりつらいです。
 

ですから自分の姿勢の悪さが気になるのであれば、今すぐ背骨・骨盤矯正を受けましょう!
 
ちょうど今は新年度の始まり。始まりの季節です。この機会にあなたの身体を変えていきませんか?
 
石川遼君や・大谷智久のようになる前に、今なら予防が出来るはずです。
 
今のあなたの決断が、絶対に将来の自分を救ってくれるはずですよ。

この記事を書いた人
名古屋市天白区そら整体院 院長

名古屋市天白区そら整体院 院長
山川 日出章

もしあなたが、「自分の症状は改善できるのかな?」「この症状はもう改善できないんじゃないか?」そんな風に思われているのであれば、一度ご相談ください。お電話(052-853-9062) メールでご予約受付中です!