横隔膜の調整で頭痛が改善?あまり知られていない横隔膜の固さと頭痛の関係|名古屋市天白区のそら整体院

名古屋市天白区、瑞穂区の皆さまこんにちは!

そら整体院の宮田です!!

 

今回は、頭痛と背中の痛みに悩まされている30代女性の症例報告です。hyuga_illust

【症例報告】

30代女性のHさんは6年前と3年前に出産をしてから毎月起こる頭痛と仕事などで疲労が溜まったりすると背中が痛くなったりすることで辛い思いをされてきたそうです。

 

産後の痛みと聞くと「骨盤の歪みから起こる」と単純に思うことも多いと思います。

ですが実際はそればかりではありません。

歪みがあっても全く痛みを感じない人もいますし、体が柔らかい人でも不調を感じる人もいます。

 

なので常識にとらわれるのではなく、「何が根本的な原因になっているのか?」をしっかりと見極めていくことが身体を改善させる重要なポイントになります。

 

辛い頭痛と背中の痛みの原因は??

まずHさんの身体を診ていくと、肩の高さの違い、内臓の固さ、骨盤の高さに問題があったので確かに骨盤の歪みがあり、体のバランスも崩れることで内臓のバランスも悪くなっていました。

 

最初は骨盤の調整を行ったあと、背中の動きは良くなった感じはありましたがHさんに聞いていくと、

「背中の動きは良くなったけど、痛みはあまり変わらないかな~?」

という様子でした。

 

症状の程度によりますが、骨盤の歪みを調整するだけでも首の痛みや頭痛は簡単に改善することは今までの経験上、何回もありました。

 

ただ、動きが良くなるが痛みはほとんど変わらないので今回は別の箇所に大きな問題があるなと考えていきました。

acbd1f74aae3532b96ec79667dbc9bde_s

ほとんど変わらない原因は横隔膜の動きが問題

そのまま、他の部分もしっかりと診ていくとある部分の動きに問題があることに気づきました。

 

それは、「呼吸の深さの問題」です。

Hさんの横隔膜の硬さを診ていくと、かなり動きが悪いので呼吸も浅い呼吸になっていました。

ほんの数秒間の間ですが、胸骨(首の下から真下に伸びている骨)と肋骨が付着している胸骨柄という部分を調整していくと、一気に深い呼吸が出来るようになりました。

呼吸を整えることで、内臓の固さも一気に緩むのも確認ができました。

Hさんに先程と同じように背中を動かしてもらうと、背中の痛みもほとんど消えていきHさんも喜んでいました

 

頭痛は少し残っていたのと歪みは3日以内に戻る可能性が高いので三日後に再度見させてもらうことでその日の施術は終了しました。

3日後に来てもらうと、「頭痛も背中の痛みは大丈夫です!」とのことでした。

今回は骨盤の歪みだけではなく大事なのは、「歪みによって身体に何が起こっているのか?」が重要になります。

 

実際に当院に初めて来る患者様の中に、

「治療院で骨盤の矯正をすれば改善するよ」と言われても改善しなかったと言われる人も多いです。

 

当院では「なぜ?」問題が起こっているのかを徹底的に探して改善することを目的に施術をしています。

もし、このブログを読んでいる方で「骨盤の歪み」を改善させても不調がなかなか改善されない方は、ぜひ一度そら整体院まで連絡をしてください☆