左側の背中が痛い!痛みが出た時の3つの原因と改善法|名古屋市天白区のそら整体院

左側の背中が痛い!痛みが出た時の3つの原因と改善法

 

名古屋市天白区、緑区の皆さんこんにちは!

天白ゴルフのすぐそばにある、ひなた整体院の宮田です!!

 

・背中の左側に痛みを感じる

・長時間座っていると左の背中に痛みを感じることがある

・急に左の背中の痛みを感じて、ずっと続いて家事ができない

 

というお悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか?

 

「なんで左側の背中だけ痛みが出るのか?」という疑問や「痛みが出た時は何を気をつければいいの?」という方も多いと思いますので今回は左側だけに痛みが出てくる3つの原因と改善方法をお伝えしていきます。

 

 

 背中の左側に痛みが出てくる原因は何?

1:姿勢の問題

 座っている姿勢などが悪くなると背骨や肩が巻き肩になる、体の歪みが起こります。

 

例えば長い時間の仕事で下を向くことが多かったり、スマホやゲームのやり過ぎなどでついつい悪い姿勢になってしまうことがあります。

 

姿勢が悪くなってしまうと体に歪みが起こるので体液の流れが悪くなり、筋肉にも疲労が溜まることで痛みや違和感などの症状が出てきます。

 

状態がひどくなると神経を圧迫して痺れを感じる場合もあります。

 2:内臓の疲れや疾患が原因

左側の背中の痛みは胃や膵臓などの内臓疲労や疾患が原因で痛みが発生する場合があり、このことを「関連痛」と呼びます。

 

内臓の疲労でよくあるのがご飯を食べる量が多かったり、食品添加物が多い物を食べることを続けていることで疲労がたまってしまいます(内臓機能低下)

 

内臓疲労は日常のストレスや睡眠不足などの生活習慣からなることがあります。

 

睡眠は体に溜まっている疲れを回復していきますが、同時に内臓の疲労も回復させていくので睡眠不足になりがちな人は内臓の疲労が回復しきれていない状態です。

 

また病気が原因になって背中の左側に痛みが出ることがあります。

 

病気の代表的な例で言うと胃炎やすい臓がん、狭心症などがあります。

 

内臓の病気の痛みは種類によって違いますが、急激に出てくる痛みで多いのが狭心症、すい臓がんで吐き気も同時に痛みが出ることがあります。

 

また疾患の場合は体を動かしていない時に症状が出るのも特徴の一つです。

 

例えば寝ていて動いていない時に痛みが出るということでしたら病気の可能性があります。

 

骨や筋肉の問題であれば、前かがみの動作や体を回した時に出るので動作時に痛みが出るかどうかも一つの判断基準になってきます。

3:繰り返しの動作によるもの

仕事やスポーツ(ゴルフなど)で同じ動作を繰り返していることで痛みが出ていることがあります。

同じ動きを繰り返していると疲れが筋肉に溜まって痛みが出てくるので、仕事中の姿勢やスポーツをする前の準備時、体を運動で動かす時の体の使い方を変えていけば良くなっていく方も多いのでコーチなどに専門的な意見を聞く必要があるかもしれません。

 

左側の背中に出る痛みの改善方法

1:良い姿勢で普段を過ごす

正しい姿勢の基準は耳の穴、肩の中心、大転子が座った時に一直線になるのが人にとって正しい姿勢になります。

 

椅子に腰掛けるときはできるだけ深くに腰をかけて(座面と背もたれの角に骨盤が収まるのがベスト)、背もたれに背中を着けるように座ってください。

 

背もたれと座面との間に空間がある座り方だと骨盤や腰の骨に負担がかかってしまいますので気をつけてください。

 

また座った時に膝の角度が直角になっていて、足がしっかりと床についている状態がより楽に座れます。

2:食生活や生活習慣を見直す

内臓の疲れを回復させていくには食生活や生活習慣を見直していく必要があります。

 

暴飲暴食を繰り返している方は背中の痛みが出る可能性が高くなります。

 

当院ではお正月やお盆などの連休明けに急に背中に痛みが出て困ってしまい来店される方が多く、ぎっくり腰も同様に多いです。

 

これは「休みだから今日ぐらい量多くてもいいか」と言っていつもよりご飯の量やお酒の量が増えてしまうことが原因となっているので、普段からもそうですが連休中も気を抜かずに腹は8分目ぐらいを目安にして食べるようにしましょう。

 

また寝る2時間以内の食事は控えるようにして、睡眠時間は平均で6〜8時間は必ず寝るようにしましょう。

3:ストレッチをする

背中に違和感が出たり、痛みを感じる場合はストレッチで緩和させるのも一つの方法です。

どこでもできる背中の痛みがある時簡単にできるストレッチを紹介していきます。

 

①まず座っている姿勢で両手を前に伸ばして両手を握り、そのまま45度ぐらい腕を上げていきます。

 

②そこから両手を左右に回していきます。片方30秒ぐらい伸ばしていき、強さはちょっと痛気持ちく感じるぐらいの強さがベストです。

これを1日2〜3セットやるようにしていきましょう。

 

ストレッチはやり過ぎてしまうと痛みが長引いてしまったり、さらに強く痛みが出て来てしまうこともあるので「ちょっと気持ちいなー」と感じるぐらいの強さで行うようにしてください。

 

一向に痛みが改善されない場合

ここまで左側の背中の痛みを改善するための方法として、普段の姿勢、食生活、ストレッチについてご紹介してきました。

 

この3つをやっても一向に良くならない場合は病院や整体院などで詳しく検査をしてもらうようにしてください。

 

まずは今の状態がどうなっているのか?を知ることが大事になります。

 

「これぐらいの痛み大したことない」と思ってるとすい臓がんなどの重い病気が隠れていることもありますので、早めの検査をお勧めします。

 

また病院で「原因不明」となった方の場合は整体や接骨院などで姿勢矯正を行なっている施術院がおすすめです。

 

そら整体院では

 

 

 

 

 

 

 

当院では背中の痛みの施術を非常に得意としております。

 

「どこで調べても異常は無い言われたけど痛みがあるから不安」

「心当たりがないけど、一度痛めてからずっと背中が痛い」

「左側の背中が痛くて家事や仕事に支障が出てしまってる」

 

このようなお客様が多数来店されます。

 

病院に行って詳しく調べたが異常がないと言われ方はとても不安な気持ちになると思います。

 

「なぜ原因が不明なのに左側の背中に痛みが出るの?」と思っている方も多いのではないでしょうか?

 

当店ではお体についての問診を詳しく行い、どんな経緯で今の痛みが出たのか?根本的な問題は何か?を探していきます。

 

背中の痛みを改善するために当院では、

 

・姿勢や骨格の矯正

・内臓疲労の回復

・自律神経の調整

・食生活や生活習慣の指導(食事内容など)

 

をすることで身体の回復力を上げていき背中の痛みを改善させていきますので異常がないと言われた方でも安心してくださいね。

 【名古屋市天白区の無痛整体で体を根本から整える整体院】 そら整体院 三戸