《症例報告》腰痛の原因は内臓疲労が貯まった事による体の歪みだった《改善例》|名古屋市天白区のそら整体院

38歳 女性 事務 豊田市

 

主訴:腰が痛くて真っ直ぐ腰を伸ばせない。歩行時の左股関節の痛み。

 

概要

2週間前に仕事から帰宅後、カバンを置いたら腰に違和感が出た。その日はそのまま寝たのだが、次の日に、ふとした瞬間に左足の太腿、ふくらはぎがつる感じが出てきて座り込んでしまうほどの激痛が出るようになってしまった。歩行時に左股関節の痛みと、物を持つと腰の痛みも出現するようになった。立ち上がると腰が曲がってしまい、真っ直ぐ立てない症状も常時ある状態。接骨院へ行き、電気とマッサージを受けたが、何も変化を感じなかったということで、ちゃんとした治療を受けないといけないと思い当院へ来院。

 

検査

体全体の動きを見ていくと、腰そのものの動きは悪くないため、腰には問題ないと判断。

下肢の動きを見ていくと、左膝、左足首のROM制限が出ていた。骨盤のねじれも大きかった。

話を聞いていくと、ここ1ヶ月くらいお酒を飲む量が増えているということがあったので、実際肝臓の硬さを認め内臓の検査をすると腰痛が和らいでいたので、肝臓の内蔵疲労も原因にあった。

 

施術

1回目

検査の結果、骨盤の右変位と内臓疲労の問題と判断。

初回は、体を回復する状態にするために当院独自の循環治療と骨盤の変位を取り除く施術と内臓治療を行う。

施術後、ベッドから起き上がり立ってもらうと真っ直ぐに腰を伸ばして立つ事が出来た。これには患者さんも驚き喜んでいた。

 

2回目(3日後)

前回に比べ、物を持った時に出ていた腰の痛みはなくなり、歩く時の股関節の痛みも消え、真っ直ぐ立てるようになっていた。まだソファーに座ると痛みが出るのと、寝る時に寝返りが痛いという症状が残る。

治療としては、順調に回復していることから前回と同じ治療を行う。

 

3回目(7日後)

前回残っていた症状のうち寝返り時の痛みはなくなった。まだソファーに座ると出る痛みは残る。

今回は頭痛が出ていて、話を聞いていくと3年前に事故をしてから、1ヶ月に34回頭痛が出ているとのこと。

主訴の症状はなくなっていることと、今回は頭痛の方が気になるということで、頭痛の治療を行う。

頭痛の治療として硬膜のねじれと頭蓋骨の硬さを取り除く治療を行う。

治療後、頭痛がなくなる。

 

4回目(7日後)

もう腰の痛みは、出なくなっているとのこと。頭痛もあれから出ていない。

今回は、じっとしていると右股関節、歩くと左股関節が痛いという症状が出ていた。

ゆがみが取れていることにより、体のバランスが変わっていることで体重のかけ方が変わって出ている症状と説明。

治療としては、今までの治療にプラスして左膝と左足首のROM制限がまだ残っているため、そこの治療をした。

治療後は両股関節の症状はなくなった。

ただ、長年の歪みもあるので、股関節の痛みは、また戻ってくる可能性が高い話をして今回の治療は終了。

 

このまま治療を続けていけば、両股関節の痛みも出なくなるし、頭痛もあまり出なくなっていくでしょう。

 

解説

今回のケースは、お酒を飲むことが増え、内蔵疲労がたまり体を歪ませてしまい、結果としてバランスが崩れて今回のような症状になっていました。

内臓疲労が貯まると体が歪むっていうとイメージ付きにくいですよね。

これは皆、無意識でやっていることなんです。例えば、お腹が痛いと、人は体を丸めますよね?それと同じで、内臓疲労が貯まると地球には重力もありますし、下に内臓が下がっていきます。それにともない体も引っ張られ体が丸まり姿勢が悪くなります。

お酒を飲む機会が増えてから体の痛みが出るのは、こういった流れがあるからなんですね。

 

当院では必要な人には内臓治療も入れながら治療を行っていきますので、内臓からくる体の痛みにも対応しています。

 

どこに行っても症状が変わらない方は内臓が原因かもしれません。一度ご相談ください。お力になれるかもしれません。

この記事を書いた人
名古屋市天白区そら整体院 院長

名古屋市天白区そら整体院 院長
山川 日出章

もしあなたが、「自分の症状は改善できるのかな?」「この症状はもう改善できないんじゃないか?」そんな風に思われているのであれば、一度ご相談ください。お電話(052-853-9062) メールでご予約受付中です!