《症例報告》ヘルニアと診断されたが実は足首の歪みが原因の坐骨神経痛だった|名古屋市天白区のそら整体院

50歳 女性 会社員 名古屋市天白区

主訴:右足のしびれ

 

概要

2ヶ月程前から腰痛が酷くなり足のしびれが出てくるようになった。MRIを撮ると腰椎5番と仙骨間のヘルニアと診断された。当院のHPをみて、ヘルニアが改善して走れるようになったという患者さんの口コミを見て、週2回整形での治療を受けていたが改善しないため、当院へ来院。

 

検査

体幹の検査の結果、明らかな左重心でバランスの悪さを認める。

下肢の検査をしていくと右足首の動きがほとんどないことがわかった。

話を聞いていくと、半年前に右足首を捻挫していたということだった。

 

施術

1回目

検査の結果、ヘルニアによる坐骨神経痛ではなく、右足首を捻挫してしまってから、そこを体がかばってしまい体のゆがみが強くなってしまったことによる坐骨神経痛と判断。

初回は、当院独自の体の回復力を高める循環の治療と、骨盤の変位を取る治療、そして右足首の治療を行う。

施術後、しびれとしては変わらないが腰痛は楽になっていた。

痛みは取れてくるのは早いが、しびれが取れてくるには、時間がかかると説明し、初回の施術はここで終了。

 

2回目(3日後)

前回と比べ、座った時の太腿の感じが違うし、右足が楽になっているとのこと。

症状が改善してきていることから、前回と同じ治療を行う。

 

3回目(5日後)

しびれが気にならない時が増えてきたとのこと。たまに出る針で刺したような痛みもなくなってきている。調子が良くなってきたことから、中止していたテニスを再開した。腰に痛みは出てきたがテニスが出来たことをすごく喜んでいた。

施術としては同じ内容を行う。

 

4回目(7日後)

テニスを今回もしてみたということだったが、痛みが出ないと喜んでいた。しびれもなくなってきていて、楽になってきているとのこと。

 

順調に改善していることから、この調子で施術を行えば問題なくしびれもなくなり、テニスも問題なく出来るようになるでしょう。

 

 

解説

 

今回はヘルニアと診断されたが、ヘルニアは関係なく足首の歪みからバランスが崩れ坐骨神経痛が出ていたパターンです。

これは決して珍しい事ではないのです。足のしびれ、腰痛で病院に行きヘルニアと診断されて当院に来られる患者さんは沢山いますが、本当にそのヘルニアによって坐骨神経痛が出ている人は、かなり少ないです。

ヘルニアの手術をしても症状が変わらないという人が多いのはこのためです。

 

ですので、ヘルニアと診断されて整形外科で治療を受けているのに良くならない方、ヘルニアの手術をお医者さんから勧められているが、手術をしたくないと思っている方、一度ご相談ください。

この記事を書いた人
名古屋市天白区そら整体院 院長

名古屋市天白区そら整体院 院長
山川 日出章

もしあなたが、「自分の症状は改善できるのかな?」「この症状はもう改善できないんじゃないか?」そんな風に思われているのであれば、一度ご相談ください。お電話(052-853-9062) メールでご予約受付中です!