《症例報告》変形性膝関節症と診断された症状が膝に触れることなく改善した事例|名古屋市天白区のそら整体院

64歳 女性 主婦 名古屋市緑区

 

主訴:変形性膝関節症(左膝)

 

概要

半年前から立ち上がるだけで、膝の痛みが出てくるようになり、歩くのも困難になる。

整形外科に行き、変形性膝関節症の末期と診断され、そこでマッサージとヒアルロンサンの注射をうつが症状は改善せず、名医と言われている評判の良い病院を回るが改善しなかった。

当院に来る1ヶ月ほど前から針治療を週3回ほど受けていたがそれでも変わらなかったとのこと。

それでインターネットで調べ変形性膝関節症の改善実績のある当院へ来院。

 

検査

まず膝の動きを診て見る限り動きの制限はなかったので、膝自体はそこまで今の痛みと関係ないと判断。

しかし腰のROM、股関節のROM、足首のROMがほとんど動いていなく、まずはここを動かしていくことが重要だと説明。この状態だと腰痛がありそうですが、ないですか?と聞くと、膝だけでなく腰も痛いときがあるとのことで、ギックリ腰も何度もしていた。

腰の動きをつけていき、体のバランスを整えていけば、膝への負担も減っていき膝の痛みもなくなると説明した。

今は旅行にも行けなくなっていることをすごく辛いと話してくれた。

 

施術

1回目

検査の結果、仙腸関節、股関節、足首の問題と判断。

初回は、治るために必要な回復力を上げる循環の治療と仙腸関節、股関節、足首の施術を行う。

施術後、腰ROM、股関節ROM、足首のROMがよくなる。

立ち上がりの痛み自体は残るが、すぐには消えるわけではないが、繰り返し施術を入れていくと良くなっていくと説明し、初回の施術はここで終了。

 

2回目(3日後)

前回に比べ、朝の辛さはあるが、夕方は楽になっているとのこと。

順調に回復していることから、前回と同じ施術を行う。

施術後、痛みもなく立てるようになる。

腰の動きも良くなっているし、順調に回復していることを伝え、ここで2回目の施術は終了。

 

3回目(5日後)

かなり調子が良く、痛みもほとんど出なかったと、かなり喜んで話してくれた。

今までどおりの施術を行い、順調にきていることから治療後1週間、間を空けてみてどうなっていくかを診ていくと説明。

 

4回目(7日後)

治療してから2日後に朝10分程痛みが出たが、それから痛みは出なかったとのこと。

まだ安定をしているわけではないので、痛みも出ることはあるが、それが長引いていないことは良いことだということと、今は1週間もたないが、やっていくうちに1週間もつようになり、それが2週間、3週間ともつようになると説明。

 

このまま治療を続けていけば、変形性膝関節症と診断され歩くことも困難だった症状も、痛みもなく普通に歩けるようになり旅行にも行けるようになるでしょう。

 

解説

膝が痛くて病院で変形性膝関節症だと診断されると、膝が原因で今の症状が出ていると思われると思います。

ただ、今回の症状は、膝に触れることなく良くなっていきました。

沢山の患者さんを診させていただいていますが、痛い場所には原因がないことが多く、しっかりと検査をして原因であるところを治療していくと今回のように改善していくことがほとんどです。

今回のケースも腰の治療をしたら膝の痛みがなくなりました。膝が痛いからといって、膝の治療をしていたら良くならなかったでしょう。

 

変形性膝関節症と診断され悩んでいる方がいたら一度ご相談くださいね。

さいごに

当店、そら整体院では膝の痛みの施術を非常に得意としております。

当店ではお体についての問診を詳しく行い、どんな経緯で今の痛みが出たのか?根本的な問題は何か?を探していきます。

 

痛みを改善するために当店では、

 

・姿勢や骨格の矯正

・内臓疲労の回復

・自律神経の調整

・食生活や生活習慣の指導(食事内容など)

 

をすることで身体の回復力を上げていき痛みを改善させていきます。

 

今なら初回限定63%OFFの3,000円膝の痛みの施術を行っておりますので、
膝の痛みにお悩みの方は是非お気軽にご来店ください。

>膝の痛みの施術についてはこちら