《症例報告》つらい腰痛が足首、膝関節と内臓調整により改善した事例|名古屋市天白区のそら整体院

58歳 男性公務員

主訴: 腰痛

 

概要

昔から肩こり首こりはあり、定期的にマッサージに通っていた。

1週間前に山道を歩いて、その日の夜から今まで痛みを感じたことのなかった腰に激痛が走った。仕事の関係で休めなかった為、無理をして動いたら痛みがなかなか引かず、趣味のゴルフも出来なくなってしまった。これはマッサージで治る痛みではないと感じ来院する。

 

検査

可動域検査 腰の回旋に著しい可動域の減少があり、特に右回旋時には右の背中に痛みを伴う。骨盤のねじれがあり、股関節と足首に固さが見られた。両肩の外転も可動域の減少がある。骨盤が後傾しており、猫背になっていて首が前に出ている。

 

施術

1回目

猫背がキツく、腰から背中全体に筋肉の張りが出てしまっているので、循環を調整し、筋膜のねじれを取って筋肉を緩める施術を行う。

痛みは変わらずあるが、可動域の改善はみられた。激痛が出てからも無理して動かしている為直ぐに消える痛みではないが、続けて施術を行うことで早く改善することを伝え、初回の施術は終了。

2回目(日後)

痛みは前回から変化はなく、可動域は初回の施術前の状態に戻っている。初回と同様の施術を行う。

3回目(日後)

痛みが少しやわらいでいる。関節のかたさは戻ってしまっているので、前回と同様の施術を行う。

4回目

常時ある痛みは和らいでいるが、何かの拍子に激痛が走ることがある。どんな動きで激痛が出るのかはわからないとのこと。

足首と膝の関節のかたさやズレが足全体の筋肉を緊張させて腰に影響が出ていると考えられたので、足首と膝の調整を入れる。

5回目

慢性の痛みはだいぶ良くなっているが、突然出る激痛は相変わらずある。

前回と同様の施術を行う。

6回目

前回から痛みに変化はないが、可動域の減少が見られた。話を聞くと、無理な動きがあったとか特別忙しかったことはなかったが、仕事の関係で飲み会があり、結構な量のお酒を飲んだとのこと。肝臓を触るとかたさがあり、触っていると腰の痛みが軽減した。

内臓の調整を入れると、腰の回旋が良くなり回旋時の痛みも無くなった。

7回目

前回の施術後、体が暖かくなり毎朝あった起き上がりの体の痛みが翌朝は無かったとのこと。施術前の腰の回旋時の痛みも良くなっている。

今回も同様の施術を行う。

 

この後も足首と膝の調整に加えて内臓の調整を繰り返し行なっていき、突然くる激痛は無くなった。

お酒を毎日1ℓ程飲んでいたが、週に23日は休肝日を作るようにして頂いてから、日常で痛みを感じることも減ってきている。

心配なく生活出来ることを本人も喜んでいる。

このまま施術を続けていけば、痛みが出てから我慢しているというゴルフも出来るようになるでしょう。

 

解説

腰痛というと骨盤や骨格の歪みの問題と思われる方が多いのではないでしょうか。

しかし、足首や膝等の他の関節の問題や、内臓の問題で腰痛を出している場合もあります。

今回のケースでは、仕事の関係でお酒を飲む機会も多いのに加えて、もともとお酒が好きで毎日飲酒をしていることで肝臓に負担がかかっていたことと、猫背の姿勢の関係で内臓が圧迫され動きが悪くなっていたことで内臓疲労が起こっていました。そういったことから腰痛を出していたので、内臓の調整をしてだいぶ症状が落ち着いてきたと考えられます。

今まで出ていなかった痛みでも、内臓疲労による循環不良から関節のかたさにつながり、その状態でスポーツをしていたことなどの体への負担、そういったことの長年の蓄積が、ちょっとしたきっかけで症状を出すことがあります。

思いもよらない事が痛みの原因になっていることもありますので「何が原因で痛みが出たかわからない」という方、ぜひ一度ご相談くださいね。

 

 

今なら初回限定63%OFF3,000円で腰の痛みの施術を行っておりますので、

腰の痛みにお悩みの方は是非お気軽にご来店ください。

 

腰の痛みの施術についてはこちら

この記事を書いた人
名古屋市天白区そら整体院 院長

名古屋市天白区そら整体院 院長
山川 日出章

もしあなたが、「自分の症状は改善できるのかな?」「この症状はもう改善できないんじゃないか?」そんな風に思われているのであれば、一度ご相談ください。お電話(052-853-9062) メールでご予約受付中です!