名 前 山川 日出章
出身地 三好町(現在みよし市)
趣 味 家庭菜園、旅行
血液型 O型
施術家になったきっかけ

高校の部活中、いつも通りバスケットボールをしていた時、いきなり腰に強い痛みが走り、立ち上がれなくなりました。
あまりの痛みにとても驚き、藁をもすがる思いで整形外科に行きましたが、「骨には異常がないよ。安静にしてれば治るから」と言われ、その日は電気の治療だけを受けて終わりました。

特に病院に行ったからといって痛みが楽になることもありませんでしたが、「異常がない」と言われたので、1週間ほど安静にしていたら、確かにその強い痛み自体はなくなりました。

しかし、それから慢性的な腰痛に悩まされコルセットを手放せない毎日が始まりました。
立てなくなるほどのギックリ腰も4回ほどしていました。

僕はどうにかしてこの腰痛を改善したいと思い、当時、週に2日ほど骨をボキボキしてくれる矯正とマッサージを受けに整体へ通いました。

施術を受けるとその場は少し楽になるような感じはありましたが、すぐに元の痛みに戻ってしまい、腰痛の症状はほとんど変わりませんでした。
それでもあまりの痛みと定期的の起こるぎっくり腰をなんとか改善したいと思い、半年ほど必死に通い続けました。

しかし、半年ほど通った頃、施術をしてくれていた先生に「山川さんは姿勢が悪いから腰痛が改善しないんだよ」と言われ、僕は衝撃を受けました。

なぜなら、僕の腰痛の原因が姿勢であるのであれば、その原因になっている姿勢の改善を半年間してくれていたんじゃないのか?と。

なんのために半年間週2回頑張って通院したのか?
今更そんなことを言われたからといって僕はどうしたらいいのか?

そんな怒りにも似た感情が芽生え、僕はそこへ通うのを辞めました。
そしてその時、決意した事が2つあります。
1つは自分の腰痛を改善してくれる人がいないなら自分で改善できる人になろうと。
もう1つは、世の中にはきっと、自分と同じように必死に改善したくても改善できない腰痛や体の不調で苦しんでいる人もたくさんいるのではないだろうか?
痛みで苦しんでいる人たちが諦める事なく、1人でも多くの人を痛みがなかった頃のように改善するための力になりたいそんな思いで施術家の道へ進みました。

施術に対する思い

はじめは学校でマッサージの勉強をしていました。
しかし、自分がマッサージではあまり症状が改善しなかったこともあり、このままマッサージの勉強を続けていっても自分のようにマッサージでは改善しない人も多くいるのではないか?と感じながらも、学校を卒業して接骨院に勤めることになりました。

その初めて働いた接骨院の院長が講師をしていた「体の体液の循環を改善させる治療」のセミナーに参加して循環調整の施術を受けた時「こんな優しいタッチで触れるだけで、こんなに体が変化するんだ!」と衝撃を受け、その技術の追求にどっぷりとはまりました。

そしてそれからもさらに勉強を続け、今では独自の技術である、循環と歪みを同時に改善へ導く「循環・歪み改善整体技術」を開発し、多くのお客様を救うことができるようになりました。

「循環・歪み改善整体技術」で施術をするようになりってからは、マッサージでは改善しなかった症状がどんどん改善できるようになり、お客様に「ありがとう!」「ここに来て良かった!」など、とても嬉しい言葉をいただけて、本当にこの道に進んでよかったと心から思っています。

僕は、もう昔の僕のように良くしたくても良くできない、改善させたくてもどこへ行ったらいいのかわからない。そんな辛い状況の人たちを1人でも多く救いたいと思い本気で施術をしています。

そのためにこれからも技術をさらに磨き続け、お客様に笑顔になってもらえるように最大限の努力をしていきます。

もしあなたが、「自分の症状は改善できるのかな?」「この症状はもう改善できないんじゃないか?」
そんな風に思われているのであれば、いつでも一度僕たちにご相談ください。

名 前 三戸 祐介
出身地 犬山市
趣 味 骨格を見ること、隠れ家的なお店に行くこと、森林浴
血液型 A型
施術家になったきっかけ

小さな頃から活発で無茶をすることが多く子供のころからケガが絶えませんでした。
高校の卒業式には左腕にギブスをまいて出席したのは苦い思い出です。

大ケガをするたびに、今まで何不自由なく体を動かし、健康だったことがどれだけありがたいことだったかを知りました。
そして、改善してくださった先生に感謝の念とともに、「自分も痛みで苦しんでいる人を改善する仕事がしたい」と思うようになり、施術家を志すようになりました。

施術に対する思い

施術家歴10年で年間約3000以上の症例を見させてもらう中で、ある教訓を得ました。
それは、お客様のお体は一人一人個性があり、改善する決まったパターンはないということです。

どういう事かというと、腰痛には「これをやればいい」、肩こりには「これをやればいい」という決まったパターンはなく、どこにアプローチすれば改善していくかは、お体の検査やお客様のお話をしっかりお聴きして判断していかなければ、わからないということです。

例えば、腰痛のお客様が来られたとしてお体を検査していくと歪みが原因だったり、お仕事でストレスを抱えておられて、それが内臓の疲労を引き起こして何をやっても、いつまでたっても改善しない慢性的な症状を引き起こしているパターンもあります。

さらに、お体の状況はその日単位でも微妙に変化していきます。
なので「電気をしてマッサージをする」と言ったような画一的な施術ではなく、その時その時のお客様のお体の状況に合わせて、一番最適な施術をさせていただいています。

1日も早いお体の回復に向け、必要があればお家でやってもらうことをお願いすることもあると思いますが、施術家とお客様お互いが協力して施術に取り組むことで、お体をよりよい状態に改善していくことにもつながります。
施術をして症状が改善したお客様に「今までできなかったことが、できるようになって本当によかった!」「先生と出会えて、ほんとによかった」と言ってもらうことが、一番の喜びです。
一日でも早く痛みを改善し、今まで痛みお体の不調でできなかったこと、あきらめていたことが、またできるようになるように、そして、いつまでも健康が続くように全力でサポートさせていただきます。

名 前 神谷 千景
出身地 安城市
趣 味 スポーツジム、漫画
血液型 B型
施術家になったきっかけ

学生時代に馬術部だった関係でご縁を頂き、大学卒業後は乗馬クラブで働いていました。
高校から乗馬だけが楽しくてそれだけをやってきたので、きっと自分は一生馬と関わって生きていくんだろうと思っていました。

その当時、私の実家で整体師さんに来ていただいて家族が整体を受けていたこともあり、昔から整体は身近にありましたが、自分は興味を持ったことはなく、受けたこともありません。

そんな私が整体に興味を持ったきっかけは、クラブの人にマッサージをしていたことだったと思います。
知識もなくただ頼まれるからやっていたので、最初は何も思わずにやっていたことでしたが、次第に「スッキリした、ありがとう。」と言ってもらえる事がうれしく思うようになりました。

馬をやっている人は、ほとんどの人が腰痛を持っています。
整体を受けているという人も多く、整体のおかげで何とか乗ることが出来ているという話を聞くこともありました。

馬が好きな人には痛みを感じることなく100%乗馬を楽しんでほしいと思ったこと、「これのおかげで好きなことが出来ている」なんて言ってもらえる職業はそんなにあるものではないので魅力を感じたことが、施術家を目指すきっかけになりました。

施術に対する思い

初めて勤めたのはカイロプラクティックの治療院で、カイロや整体だけでなく、リンパドレナージュや痩身の技術など、お客様の様々な悩みや症状に対応できるように学んできました。

定期勉強会や空いた時間にスタッフ同士で練習するなど技術を磨いて、お客様の症状の改善が出来るように努力してきました。

しかし、常連のお客様は毎回体が痛いといって来院し、スッキリしたと言って帰る…段々とそれが当たり前になってきて、これ以上悪くならなければ良いという方やリラクゼーションで来られる方もいました。

そんな日が続き、時間がたった頃、ふとある事を思いました。
私は最初、皆が痛みを気にすることなく日常生活を送り、好きなことを好きなだけ出来る様になってほしい、そしてそれが実現できる施術家になる為にお客様の不調を根本的に改善して痛みが出ないようにしたいと思ってこの世界に入ったはずでした。

これは私のしたかったことではないと気付き、初心に返り改善できる施術家になると、改めて心に決めました。

そら整体院で働くようになった現在、「症状がなくなってきた」というお客様の言葉に、お客様が健康になる為のサポートが出来ることに喜びを感じています。

1人でも多くの方がいつまでも健康で、好きなことを好きなだけ出来る充実した毎日を過ごして頂ける事を願い、そのサポートができるようこれからも努力し、技術を磨いていきます。

名 前 笠野 悠太
出身地 日進市
趣 味 野球、スノーボード、釣り
血液型 O型
施術家になったきっかけ

僕は小学校、中学校、高校と野球をやってきました。

小学校ではクラブチームに所属し、中学校では実績のある監督の元全国大会を目指し、高校では部員数100人を超える私立の高校で甲子園を目指してやっていました。

そんな夢に向かって練習していたある日、中学校での練習中に肘に違和感を感じました。

まぁ大丈夫だろうと思いながら練習をやっていると急に肘の外側にピリッとした痛みが走り、その瞬間から手に力が入らなくなりました。
急いで病院にいき見てもらうと「異常はないですね」と病院の先生に言われ薬をもらいました。

その薬を飲みながらだましだましやっていたのですが練習中にまた同じような痛みがおこり、ついに手の感覚がなくなっていきました。
今度は違う病院に行きレントゲンなどしっかりと見てもらうと先生から、「離断性骨軟骨炎」がおきているよと言われました。

話を聞くと投げすぎやフォームが悪いせいで肘の軟骨部分が剝がれてしまっているみたいで、「野球を続けるなら手術が必要です」と言われました。

当時大会を間近に控えていた僕は、その瞬間頭が真っ白になった事を今でも覚えてます。
大会が近いこともあり手術は断りましたが、ボールを投げると肘に激痛が毎日ありました。

そんな時に自分を見てくださったのが整形外科でのリハビリの先生でした。

練習が終わるのがいつも20時ごろで整形での受付時間にはどうしても間に合わない、ということを話すとその先生は、「何時でもいいから練習終わったらおいで。院の部屋一つ借りてあげるからそこで見るよ」と言われました。

自分一人のためにそこまでしてくれるなんて、その時自分もこの先生みたいになりたい、治療家になりたいと思いました。

その先生は痛みがある肘を触らず全身のバランスを整え投球フォームの指導や自宅でやるべきことを全て教えてくださいました。
お世話になったその先生のおかげで痛みが和らぎボールを投げれるところまで状態があがっていきました。
大会が終わった後には手術をしたのですがその先生も手術室に入ってくださったり、そのあとのリハビリにもたずさわってくださいました。

この先生みたいに一人の患者さんと真剣に向き合い自分の時間を削ってまで症状を改善させてくれた素敵な先生にあこがれて治療家を志しました。

施術に対する思い

自分は治せる治療家になりたくてこのサニープレイスに入社しました。
入った当初は右も左もまったくわからない状態でした。

初めは電話対応、敬語の使い方、言葉つかいなどしっかり教えてもらいテストの技術に関しても毎週テストがあり、スピード、精度、しっかり体が改善しているかなど、みっちり教えてもらいました。

技術のテストは特に厳しくみられ、何度も何度も再テストになりました。

そうやってみっちり教えてもらい、初めて患者さんに入りました。
初めはしっかり教えてもらった甲斐あって、自分でも驚くほど「先生、どんどん治ってきたよ」とか「痛みがなくなってきた」など、患者さんから言っていただけました。

そんな中、とある女性の患者さんを診させてもらう機会がありました。
その患者さんは右足にしびれ、痛みがあり、「変形性股関節症」をわずらっている方でした。

週2回しっかり施術をさせてもらいましたが、その場では体が一時的に良くなるものの、次来てもらう時にはまた足を引きずっている状態で痺れが出て来る日もありました。正直かなり情けなくなりました。

そこで技術セミナーにいきたいと会社に言ってみると、技術セミナーの案件をたくさんだしてもらいました。
それでも正直一回のセミナーで2万、3万は入社したばっかりの僕には高くて行けそうになかったのですが全額会社負担で行かしてもらいました。
毎週日曜日はセミナーに行ったり毎週金曜日は院での勉強会で練習したりして少しずつ精度や知識を増やしていきました。

そうやっていくうちに、その患者さんは日に日にしびれがなくなってきたり、体の動きがどんどん改善していきました。

「今年の10月には孫とUSJにいく予定をたてました」と笑顔で言っていただけました。

治療家になって本当によかったと心から思った瞬間でした。

もしあなたが昔の僕のように、やりたい事がある、目指したい事がある。
でも体が痛い、悪いせいで諦めなければいけないと思われているようでしたらぜひ1度ご相談ください。
これからも治療家として努力を怠らず、1人でも多くの患者さんを笑顔にできるように努力していきます。

LINE予約
  • はじめにカウンセリングシートをお渡しいたしますのでご記入をお願いいたします。

  • 日常生活でお困りの点や症状を詳しくお聞かせください。適切な施術方法を決定します。

  • 痛みやトラブルの原因を分析し、施術内容についてご説明いたします。

  • お客様の症状に応じた施術を、同意を得たうえでおこなっていきます。

  • これからの施術方針や期間、日常生活での注意点などをご説明いたします。

  • 会計後、またはお電話で次回のご予約をお取りいただけます。

営業時間

平日:9:00~12:30 / 15:00~19:30
土曜:9:00~13:00

定休日

日曜日(※祝日も営業しています!)

そら整体院 営業日表
PAGETOP